コーダー道場 宇都宮

Photo: CoderDojo Champions' Handbook より

CoderDojo (コーダー道場) は主に小学生から高校生を対象としたプログラミングクラブです。 2011年にアイルランドで始まり、今では世界 106 ヵ国に 2,068 の道場があり、日本にも 194 の道場があります。 (2019年11月現在)

一般的なプログラミング教室と違い、 CoderDojo にカリキュラムは存在しません。 自分たちでやりたいことを見つけて、自由に楽しみながらそれに取り組みます。 私たちはあくまでサポート役。 主役は子どもたち自身です。

さあ、あなたも CoderDojo の門をたたいてみませんか? 参加費は無料です!

Tweet

開催予定

月1回程度のペースで定期的に開催する予定です。

第 2 回

09:30 - 11:35

宇都宮まちづくりセンター

第2回 CoderDojo Utsunomiya を開催します! 場所は前回と同じ 宇都宮まちづくりセンター です。 今回も新型コロナ感染症対策をしての開催となります。

詳細...

第 3 回

09:30 - 11:35

宇都宮まちづくりセンター

第3回 CoderDojo Utsunomiya を開催予定です。 場所は前回と同じ 宇都宮まちづくりセンター です。

詳細...

参加申込は後日オープン予定です。

NEWS

CoderDojo Utsunomiya とは?

遊びが学びになる

CoderDojo では、子どもが自ら決めたテーマを自分で調べ、周りの力も借りながら目標を達成していきます。 決められたカリキュラムではなく、自分が決めるからこそ楽しく、そして熱中して取り組むことができます。

メンター (運営スタッフ) は授業という形で指導することはありません。 みなさんが決めた目標を達成するために、一緒に考えたり、アドバイスする存在です。

そのため、学校の授業のように受け身ではせっかく参加しても楽しくないでしょう。 作品を通して遊ぼう、楽しもうという気持ちで参加することで、自然とプログラミング技術を身につけることを目標としています。

参加費無料

参加者の皆さまから料金を頂くことはありません。 運営は寄付金とボランティアによって行われています。

(ただし、備品購入や会場費用等を確保するため、自由意志による募金を紹介することはあります)

プログラミングは道具

CoderDojo ではプログラミングを「覚える」ことが目的ではありません。 プログラミングは道具であり、自分のテーマを実現するための道具の1つにすぎません。

そこで、 CoderDojo では、最初に各自でテーマを設定してもらいます。 そのテーマにそって、作品を制作し、最後に発表を通じてみんなで作品を共有します。

もちろんプログラミングが初めてでも大丈夫です。 分からないことがあれば、私たちメンターがサポートするので安心してください。

さらに詳しく知りたい

CoderDojo Japan の紹介スライドが参考になります。

スタッフ

石田 祐介

CoderDojo Utsunomiya の道場主 (チャンピオン)。 新しい暗号技術の研究開発に従事。 子どもの頃からプログラミングを楽しむ。 某精密機器メーカーでソフトウェアの研究開発と起業の経験を持つ。 3人の子どもの父親。

Copyright(c) CoderDojo Utsunomiya.